all thats jazz

色は匂えど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて 浅き夢見し 酔ひもせず(いろは歌)
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
安静ですが

出勤は絶対駄目と言われ、自宅で安静に過ごす一日。

肝機能低下で疲れているのか、寝起き、朝飯食べた後、パソコンの前の叔母に押しつけられたマッサージチェアに横になると、よく眠れて、昼となる。

疲れも取れたのか、入院前に片づけといた方がよさそうな録画番組のDVD化なぞやっていると、なんかすぐに疲れ、居眠りモードになる。

今まで気を張っていたのだろうかと思うほど、居眠りの回数は多く、眠りながらもDVD化をするという不思議な行動。

幸い、喉つまり、胸焼け、吐き気はそれなりにあるものの、食欲はあり、母が昼飯を食べるかとの問いかけに、有無も言わさず、食べると答える。

固形の物は喉に詰まったり、胃にもたれたりしやすいから、そうめんを作ってくれ、腹を満たした後、帳簿整理に取りかかる。

昨晩は入院したら出来ないと思い、年賀状印刷をしていたけど、帳簿整理もやはり年の瀬を感じさせる。

昼に食べたそうめんの汁がまだ胃に残った感じで、胃が膨れ上がる感触があり、夕食を少し遅らせ、帳簿整理の続きをする。

外はこの時期の札幌にしては遅い積雪となり、入院中の家の周りの雪かきを従弟に頼もうかと母と話し合う。

ネット検索で、「肝臓病 入院 日数」を調べると肝機能の回復はある程度の日数が必要のようで、高齢の母ひとり残し、入院するのも気になることが多くある。

安静第一の病気ながら、少しずつ、身の辺の整理をしているところ。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| たかや | コラム | comments(0) | - |
ドクター・ストップ

喉つまり、吐き気、胃もたれなどの不快感がいっこうに治らず、先日、風呂に入った時に、身体中に黄だんらしきものが表れており、これはやばいかもと家の近所の病院にかかってみる。

CTやら、胃カメラやら、心電図、血液検査まで一通り受け、その結果を聴きに今日、来院してみると、「仕事が出来る身体ではない。設備の整った大きな病院に入院を頼んでみるから、少し入院するように」との診断結果。

肝臓と膵臓の機能が低下していると聴かされたけど、この頃、尿の色が濃くなっているのも気になっていたので、消化吸収でかなりやばい状態なのかなと思う。

最悪の事態も頭に浮かぶけど、生まれて初めての入院生活がどんなんなんだろうという気持ちもあり、とりあえずは言われた通り、大人しくしていよう思ってみる。

仕事先やら、忘年会の約束をした友だちやらへの連絡などしなきゃならないことも案外あるようで、無理した罰と受け止めて、まずは日記の書いてみる。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| たかや | コラム | comments(0) | - |
洟垂れ

週末からの喉つまり、胸焼け、吐き気が今日の職場の昼飯時にはひどくなり、昼飯を食べるのも押し込むような感じで、飲み込んでいたけれど、最後の頃には吐き気の方がひどく感じられ、やばいかなと云うところまで来たので、早退を願い出て、帰宅した。

帰宅後、家の近くにある耳鼻咽喉科で、食道炎の検査もしてくれるらしいところに出向き、検査を受けてみる。

インフルエンザの予防ワクチンの張り紙が至るところに張っている待合室、鼻炎らしきお兄ちゃんを待つ男の子がやけにかまってくれと僕の傍に絵本を持ってくる時、呼び出され、診察室に入る。

病状を話すと、まずレントゲンを撮り、吸入器による麻酔を吸い込まされて、内視鏡で、鼻の穴から喉の奥深くまでのぞき見る。

特に異常は見つからず、鼻水が喉に垂れることはないかと聞かれ、アレルギー性の慢性鼻炎もあり、このところ、鼻水に血が混じることもしばしばあったので、それが原因かとも思いもする。

レントゲンの結果はやはり加齢により、背骨が前に出て来ているけれども、異常と云うほどでもなく、気をつけるように云われ、症状が続くようならば、内科の診察を受けるように云われる。

何が原因か特定するにはいろんな要因がありすぎるから、このように部位検査を重ねていくしかないんだろうなと思いつつ、内視鏡でのミクロの探検で大病の兆しがないと云われて、まずは一安心。

このところのストレスや疲労が多分原因なのだろうと、早退した今晩はまずは疲れを取ることに専念しようかと思ったり。

吸入器による麻酔の最中に診察受けていたサラリーマンが訴える耳鳴り、めまいの症状にストレス社会の今を感じる。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| たかや | コラム | comments(0) | - |
肉食上司

「肉食上司」なる言葉が今、囁かれているらしい。

検索してみると「自民党的政治のパンツを剥ぐ:侮蔑が切り裂く上司・部下」では「畏怖するか抱き合うか侮蔑するかの選択肢しかない人間がいる」と書かれている。

部下の失敗を食い物にしてのし上がろうとするこの輩たちは、人をかばうことに興味を示さずに、人のあらを探すみたいだ。

その部下に「肉食人種」がいると事は複雑になり、直属上司を無視して、権力者に擦り寄り、直属上司をおとしめようと画策する。

か弱き草食部下ならば、「会社はホモ社会と割り切りマゾ的対象にする」として、我が身を捧げてみる劇薬もあるそうな。

更にネット検索していけば、「肉食国家」と「草食国家」なるものまで登場し、「草食国家」を玩ぶ「肉食国家」論が展開される。

天上天下唯我独尊。我が身可愛さに我が身を守る処世術は「肉食」「草食」のいたぶり合いになるらしい。

この世はサド・マゾで成り立っているのかも知れないとふと思う。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| たかや | コラム | comments(0) | - |
お腹が

日頃積み重なったストレスによる肩凝りからなのか喉の通りが悪く、更には昨日のお休みの日に久々母の手料理を食べ、料加減が苦手な母に出された料理の品数の多さが祟ったのか、今日は一日、胃もたれ気味だった。

身体のためにと思い食べた軽めの昼食も喉つまりを少し感じていたのだけれども、夕食に食べた豚汁定食はそれ程の量でもないのに、お腹がパンパンになり、胸焼けがするほどだった。

明日は職場全体の大忘年会。幹事なので、食べる暇はないのだけれど、宴会最中に具合が悪くなるのも嫌なので、今夜はひどい肩凝りを和らげるために湿布を貼って寝てみて、明日は軽い食事で一日乗り切ってみようっと。

ちなみに昨日、母が食べさせてくれた夕食は肉厚のカレイ一枚に、そば山盛り、プチトマトに、コロッケ、そして、ご飯。コロッケ以外は無理して食べたけど、「料をことわる(知る)」事が料理というのに、それが判らぬ母の愛。

平日の仕事を始めてから、そんな母の愛が身体に悪いと思い、外食生活しているけれど、たまに付き合うとこんな事に。

老いた母の恩にも背けず、だからといって、腹ぼてにはなりたくもない。外で食べてもストレス発散も逆にストレスになってくる。

とこんな事を書いているとこんな時間に。悪循環のスパイラル。なんとかしなきゃ、ねぇ。

JUGEMテーマ:日記・一般
 
| たかや | コラム | comments(0) | - |
<new | top | old>